なぜ合宿免許だと早く教習が終わるのか

###Site Name###

合宿免許というのは、泊りで集中的に教習を受けることで早く教習を終えてしまうものなのですが、なぜ合宿免許だと教習を早く終えられるのというと、それは効率の問題になってきます。


一般的な教習では、まず始まる学科の教習ですが、生徒はいつ始まるかわからず、いつ終了するかがわからないので、この一般の生徒を考えて時間割を組むわけにはいきません。そして、学科の教習がいつ終わるのかもわからないので、実技教習で使う車の予約も学科教習が終了してから予約といったことになります。



ですが、合宿免許の生徒はいつから学科教習をはじめていつ終了し、いつ実技講習を初めていつ終わるかといったことは、あらかじめ予定されているのです。

ですから、時間割もこの合宿免許の生徒が効率よく消化をすることが出来るように組まれますし、車やバイクの割り当てもあらかじめ決まっているものなのです。



ですから、このシステムを利用すれば、繁忙期であっても閑散期であっても関係なく最短で教習を終えることが出来るというわけです。

教習の内容はほとんどの人が終了していることからもわかるように簡単なものばかりですから、特に難しいことはありません。

試験についてもほとんどの人が受かっている実績からもわかるように、ちゃんと教習を受ければ受かるようなものですから、このようにあらかじめ大胆なスケジュールを立てて、その通りに実施していくといったことも可能となるというわけです。